家賃収入以外に付いてくる不動産投資のメリット。

不動産投資を実際に始められて
投資物件を所有すると実は家賃収入の他にも
色々なメリットが投資物件を所有すると
付いてきます。


家賃収入以外に付いてくる不動産投資のメリットとは
不動産投資用の物件をローンで購入した場合
もしも、あなたがローン返済前に亡くなってしまって
あなたに家族が居たとすると
残された家族が残りのローンを返済する必要が無くなり
投資用の物件も残された家族が所有できる様になるのです。


なので、投資用の物件をローンで購入していた際に
あなたが無くなってしまった後も家族に投資用の物件から
得られる家賃収入を受け取る事が出来るので
残された家族があなたが亡くなってしまった後でも
路頭に迷うことなく、安心して生活が出来るのです。



要は生命保険に加入しているのと同じ感覚です。


次に投資物件を所有している事で得られるメリットとして
節税対策が出来るので、税制面でも有利になります。


これは、もしも所有する投資物件で
入居者が居ない状態が長く続いた際に
ご自分で管理費などを支払って
年間を通じて不動産投資が赤字になった場合
確定申告で赤字を申告すると
翌年の税金が減税される事がある事です。



しかし、この節税目的で投資物件を
購入する事はお勧めできません。



他には相続に関する税金対策にも
投資物件は活用する事が出来ます。


この様に不動産投資物件を所有しているだけで
家賃収入以外の投資物件から得られる恩恵は
計りしれません。


もしも、あなたに大切な家族が居る場合
あなたに何かしらの事があって
働けなくなってしまって収入が途絶える様な事が
起きた時の万が一の備えとしても
不動産投資での投資物件が役に立つ事が
あるかもしれません。


ですので、不動産投資は老後の年金の代わりの
他にも家族をもしものトラブルから守る
保険としても活用する事が出来るのです。



この記事へのコメント