不動産投資物件に掛かる費用について。

ここまでで、不動産投資をする物件も決まり
不動産投資をする地域も決まったとしましょう。


後、問題になるのが物件に掛かる費用が
必要になってきます。


その為、物件の費用を用意する必要性が
生じますのでどの位掛かるのか事前に知っておいて
損はありません。


例えば、中古のワンルームマンションを購入の際には
その物件の金額の他にも色々と費用が掛かります。


購入予定の物件の名義変更などで司法書士の手数料が
掛かったり、手付金として一時的にいくらか支払う事が
あったりと物件以外にも費用が掛かりますので
手付金と司法書士に払う手数料分位は
用意できる位の余裕がある資金が必要だと言えるでしょう。



物件自体の費用に関しては
例え中古のワンルームマンションだとしても
一括で支払えるほど、お金に余裕がある人は
少ないと思いますので、殆どの人の場合
不動産投資はローンで購入する事が多いです。



ローンと聞くと不安を感じられる方もいるかもしれませんが
不動産投資の場合のローンは入居者が居る時には
その家賃収入で賄える事が殆どなので
ローンを組んだとしても、入居者が居る場合
自腹を切る事が無いのが不動産投資の魅力の一つと言えます。



実は不動産投資はこのローンを活用する事で
将来的に大きな資産形成になる事もあります。


普通、ローンというのは自分の月々の収入で支払って行く事で
負担になりますが、不動産投資の場合はローンを組む事で
資産としての物件を先に手に入れる事が出来るのです。



後は入居者の方の家賃でローンを支払ってくれますので
入居者が居る間は自腹を切る必要が無いので
負担になる事はありません。



ただし、不動産投資にはローンが良いと言う事で
無理の掛かるローンを組んだり
入居者が何時までもいる事を想定したローンの
組み方をすると、後々苦しみますので
ローンを組む時には自分の負担にならない程度の
ローンの支払い計画をした方が良いでしょう。


この記事へのコメント