不動産投資のデメリットを事前に理解した上での物件購入をオススメします!

不動産を所有して、人に貸す事で家賃収入として
月々決まった金額を得る事が出来る事が魅力である
不動産投資ですが、残念ながらデメリットも存在します。


事前にデメリットを知る事で
もしも、あなたが不動産投資を始めた時に
その対策法も考えるようになりますし
不動産投資を始める前なら
不動産投資のデメリットを知って
自分には無理だと考えるようでしたら
リスクを背負う前に止める事が出来ますので
ぜひ、不動産投資に興味を持たれたのでしたら
デメリットにも目を向けてみてください。



まず、不動産投資で思い浮かぶデメリットは
所有している不動産に入居者が入らずに
家賃収入を得る事が出来ない時です。


この場合はもし、家賃収入を頼りに生活をしていたとしたら
大変な事になりかねませんので、ですので事前に
入居者が入らない状態の対策法を考えた方が良いでしょう。


次に入居者が入らないと
管理会社に支払う管理費も自腹を切らなくては
いけなくなり、月々の出費が増えてしまう事です。


この状態は本当に辛い状態です。


何時終わるか分からない借金が出来たような
感覚ですね。



次に不動産に設置してあるエアコンなどの電化製品などが
壊れた場合は不動産を所有しているオーナーが
治す事になっていますので、エアコンなどの修理代が
突然やってくる事も把握していたほうが良いです。


あと、他にも天災などの被害による
修繕費なども掛かる事があり得るので
注意が必要です。


この様に思い浮かぶだけでも様々なデメリットが
不動産投資では存在します。


これを知って購入するか知らずに
後から気付いて購入するかでは
雲泥の差が生まれます。


知っていれば事前に
対策法を考える事でデメリットを
回避できる事がありますが
知らない状態で購入した場合は
もしも、お金に余裕が無い状態だったら
大変な事になりかねませんので
くれぐれも不動産投資は焦らずに
色々と情報を仕入れた上での
物件の購入をした方が良いでしょう。



この記事へのコメント